測定時間と定量下限の関係

測定技術情報


測定時間と定量下限

必要な定量下限を得る為の測定時間の設定とは?

NaI検出器による迅速性と感度の確保

R0017489.jpg牛肉や稲わら、各種の食品の放射能測定を行う場合、測定装置の特性(特に検出器)を踏まえた測定装置選択が重要です。 精密分析(核種)に用いられるゲルマニウム半導体検出器は、各エネルギースペクトルパルスを解析する事で、非常に高いエネルギー分解能を有します。従って、異なるγ線(Cs-134や137)を個々に精度良く測定できます。 しかし、ゲルマニウム半導体検出器は、検出感度においては、NaI検出器に一歩譲ります。低い濃度の放射能を測定する為には、測定時間をより長時間設定する必要があります。 一方、NaI検出器の最大の特徴は、検出感度です。核種別の分解能では劣るものの、短時間に低い放射能含有レベルでも検出する事が可能です。 
検出感度が高く、かつエネルギー分解能が高い装置があれば、まさに一台で高精度・迅速検査を遂行できますが、上記のように実際の測定現場では両立は困難です。 またNaI検出器であっても、周囲の環境からの放射能(環境放射能)を遮る測定容器がないと、適切な検査はできません。 NaIγ線サーベイメーターで、総放射能を簡易検査しようとしても、なかなか信頼できる測定値が得られないのは、周辺の環境放射能の遮蔽がうまくできない点も理由のひとつです。
迅速性を維持して、NaI検出器の良好な検出感度を引き出すものとして、同位体研究所はベルトールド社のLB200 ベクレルモニターを採用しています。 

ページの先頭へ

NaI検出器・γ線スペクトロメーターとGe半導体検出器の補完

R0017507.jpgLorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet.


引用です。
Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat.

囲みです:Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet.

注釈をつけます